カジノに賛成の方、反対の方長らく討論が行われてきましたが、やはり時代の流れは賛成側に傾きそうです。

最新の自民党記者会見では、幹事長が「機が熟しつつある、審議に入っていくと理解している。」と述べています。

他党との調整は続いているものの、実際すでに国外では合法化されている場所も多く、2020年に開催される東京オリンピックを考慮すると、やはりカジノ法案は可決される見通しであるといえるでしょう。lasvegas-casino

しかし、法案成立後も1年かけて実施法案を推敲することが公言されており、すぐにというわけにはいきませんが、それでも2020年までには日本でもカジノを楽しむことができるようになるでしょう。東京以外にも、地方も候補地に挙がっているので、さらなる経済効果が見込めると考えられます。